越美北線復旧とおくえつ 続編

まず、今日から東海道山陽新幹線でN700系が運行開始したという事で、おめでとうございます(誰が)。新幹線なんて100系と200系、300系とE1系、E2系、E4系しか乗ったことの無い自分には遠い話です。N700系はカモノハシみたいな顔だから嫌いだって言ってらっしゃる人いますけど、700系よりは好きです。だって300キロ運転できるのですから。700系なんか本当にアホじゃないかと思ってしまいます。ただ、300系、500系の東海道引退が始まってしまったのは残念です。300系は自分と同世代で、最初は「のぞみ」としてデビューしました。初の東海道系統270キロ運転が始まり、デザインも従来の0系、100系とは全く異なるデザインでしたので、斬新でした。500系は、JR西日本が開発したのぞみ専用の車両で、極度の流線型となっていて、ものすごく格好が良いですし、新幹線で初の300キロ営業運転を行った車両でもあります。東海道引退後は、全席2&2に改造して「ひかりレールスター」に投入して欲しいなあと思っていますが、電動車ユニットの関係上無理だと言うことで、今後の動きが注目されます。
画像
さて、お話が逸れましたが昨日に続きます。


金沢からの列車はえちぜん鉄道の交差を抜け、高架線に入ると、やがて「九頭竜線九頭竜湖行きは降りられましたホーム前ほどの3番…失礼しました2番乗り場です。」という何気ない放送が入りました。そして列車は3番乗り場に到着し、列車を降りました。

しかし、ここからが大変でした。急いで2番乗り場へ行くと、同業者や物珍しさでやってきた人たちですでに車両ドア前に列が出来ていて、そこに並びました。すると自分と同じ列車に乗っていた人たちが続々とやってきて、
画像
狭い2番のりばが満員となりました。
また、「県民福井」の新聞記者がやってきて、取材を受けました。「今日はどちらから来られましたか」という質問に「金沢からです」、「今日は何を見に来られましたか」という質問に、「越美北線の路線です。」と答えました。路線ですといった理由は、別におくえつ号がメインでは無いという事を言いたかったのですが、この後越前大野駅に移動したときに、寄書きボードに「べっべつにおくえつ号に乗りに来た訳じゃないからねっ」という書き込みがあったのを見て、笑ってしまいました。自分と同じ気持ちなのですが、書き方があれだからおかしかった…

目の前には205号の単行が停車していましたが、一旦引きあげて行き、代わりに201を含む2連がやってきました。
そして205号の扉が開き、ダッシュでボックスシートの所に行きました。すると見事、クロスシートを陣取る事ができました。

画像
座席に座っていると、後ろのほうから田吾作さんがやってきました。以前乗車した時にもいらっしゃって、最初は少し驚きましたが、今日は2度目なので、それほど驚く事はありませんでした。しかし、やはり初めて乗ったお客さんは驚いている方が結構いました。

9時8分、九頭竜湖行きの列車は大きなエンジン音を上げながら福井駅を発車します。福井を発車すると、越前花堂、足羽など見慣れた田園風景が続きます。そして越前東郷に着きます。
越前東郷は前日まで代行バスへの乗換駅として賑わい?を見せていました。それが今日、この駅で降りる人はあんまりおらず、代行バスも無くなってしまったんだなあ…とか思いました。

さて、この越前東郷から先の区間はまだ見ぬ未乗区間となっています。しばらくは田んぼの中を走ります。やがて前日までバスが走っていた踏切を越えると、これまた前日までバスが止まっていた一乗谷バス停が見えます。しかし列車はまだ走り続け、結構走った先に一乗谷駅があります。「バス停と駅と離れすぎだろ」と思いましたが、福井へ出るときは列車の一乗谷駅を使えばよかった訳で、わざわざ離れたバス停を使用する必要は無かったということで納得しました。

一乗谷駅は朝倉氏で有名な一乗谷ですが、今では家と田んぼ、そして山ばっかりな場所です。この一乗谷から先、美山までが今回の復旧区間となります。
列車は一乗谷を発車し、撮影ポイントとして知られる大カーブを通ります。大カーブを通り過ぎると、すぐに足羽川のトラス橋を渡ります。この橋は、福井豪雨によって流された橋のうちの1本です。高山線の神通川橋梁も好きですが、黒錆びで茶色っぽい色をしていて、景観にもマッチしているこの橋も好きです。何でも古ければよいわけではなく、新しいものにだって価値があるということを忘れてはなりません。

列車は山の中へと入っていきます。そしてキハ120はエンジン音を山に轟かせながら、走ります。この後も橋は続きますが、今日は天候があまりよくないためか、川には濁流が流れていきます。一般的に橋は何年持つものなのかは知りませんが、このような濁流を見ていると、「また豪雨が起こるのではないか、そしてまた崩壊するのではないか」と余計な心配をしてしまいます。
画像
(川に流れる濁流)

列車は越前高田、市波、小和清水(こわしょうずの順に停車していくのですが、途中、市波では老人会?と思われるばあちゃん方がたくさん乗ってきて、車内では「えぇ~、まじでぇ?」という声が聞かれました。どれだけ乗っているのかと思い振り返ってみると、
画像
これだけの人間が乗車していました。そりゃ苦しいですよ。JR側も高岡から車借りてくるなりすればいいものをねぇ。おわら臨の時は各地から車両集めてくるのに、こういうときに気が利かないんですから。大体16m車2連て神岡鉄道の最期と一緒じゃん…

そして気がついたのですが、遅延が10分発生しているという事。これは仕方の無い事なのですが、これでは九頭竜湖まで行っても発車時間を越えてしまうので列車はすぐ折り返す。すると、九頭竜湖で降りて駅の写真撮っている暇なんか全く無いじゃないかということに気づきました。越美北線は極端に本数の少ない路線で、次の列車は3時間半後になり、それだともう「おくえつ」号も行ってしまい、第2の目的が失われてしまうので、それは避けたいと思い、九頭竜湖行きは次回へ回す事にしました。

列車はトンネルをくぐり、美山駅へと到着しました。これにて復旧区間は終了となります。美山では列車が着くやいなや、太鼓によるお出迎えがありました。また駅舎などには飾り付けがされ、大勢の住民の方が見物に来ていました。
また、列車が駅を出ると、少し寂しい現実が目の前に現れました。
画像
昨日まで元気に走っていた7台のキュービックさんたちが用途廃止となり、留置されていました。今後この車両たちはどうなってしまうのでしょうか。電車で森本駅を通り過ぎると、たまに明らかに古そうな車とか、3扉車とかいますので、それらの異端車の置換えにでも使うのでしょうか。それじゃなかったら廃車という事になるのでしょうか。まあよい結果になることを期待します。

列車は更に大きいエンジン音を響かせて山を登っていきます。計石駅を過ぎてトンネルをくぐり終えると、急に開けた平地が姿を現します。本当に不思議な所です。今さっきまで山間部をくねくね走っていたかと思うと、いきなり広い平地が現れるのですから。気分も開放的になり、憂鬱さがどこかへ吹っ飛んでいきました。
そして牛ヶ原、北大野の順に、越前大野に到着しました。結局10分の遅延は解消されませんでした。
私は列車を降りました。


キハ58「おくえつ」と気になる続きは明日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 百戸 田吾作

    田吾作で御座います。2年前におあいしていると言うことでございますが、満員の汽車の中大変だった様な思いでいます、美山の田吾作で検索、久し振りで作業しています。私の住所は福井市薬師町36-17です。〒九一0-2339前田正治(百戸 田吾作)で御座います。しばらくの入院生活の後の出番でしたが、遅くなりましたがこれからも宜しくどうぞ。09089535814 ほんならまたのー
    2009年06月14日 19:33
  • らいてふ

    コメントありがとうございます。
    よくよく考えましたら勝手に画像を掲載しまして申し訳ございません…

    田吾作さんの活動で越美北線の利用者がもっと増えることを望みます。
    2009年06月22日 02:22

この記事へのトラックバック