富山市内の電車・バスに乗る

画像
今日からの3日間は公共交通ウィークエンド事業ということで、富山市の富山ライトレールとフィーダーバス、市内電車、まいどはやバスが無料です。これは総曲輪フェリオ開店によるものです。
今日はこの機会に富山へ行ってきました。


画像
富山駅に着くと、信越線経由の特急・急行運転再開の看板が上がっていました。
画像
画像
今日は全ての8000型が運用についていました。なので、8000型に当たる確立が高かったと思います。
市内電車に乗って大学前に向かいます。理由は、市内電車の新富山~大学前間が未乗車だったからです。
画像
無料だからか、このようにかなり酷い混雑になっていました。大学前なんか行っても何もないと思うのですが…
画像
大学前の電停です。安野屋から先は単線になっているので、当然ここも単線です。
画像
電停の前には県立富山球場があります。昔は県内を代表する球場でしたが、いまはその役割をアルペンスタジアムに譲っています。
画像
富山大学です。正門から眺めただけなので、どこに建物があるのかは分かりません。
画像
大学前から再び乗車して、次は丸の内で下車しました。今度はドコモの広告車です。現在は割引サービスの広告となっていますが、ドコモの広告車は事あるごとに塗色変更するため、見ていて楽しいです。
画像
大手モールです。通りには市民プラザや国際会議場などがあります。この通りは今ではこのような路地となっていますが、昔(戦前)はここがメインの通りで、市電も通っていました。現在は富山市の市内電車環状線計画で、またここを電車が通ることになります。
画像
まいどはやバスです。日野レインボーのHR7m車は私のお気に入りです。車体は箱型で、顔も普通のマスクなのにもかかわらず、長さが7mしかないというのがとても大好きです(日デのRNやふそうのMEにもいえることだが)。

さて、ここからは街を探検してみます。
画像
21日に開店したばかりの総曲輪フェリオです。富山大和が西町から移転してきて、ここに入りました。大和というのは、主に北陸地方に店を構える百貨店です。昔は大和は全国チェーンだと思っていましたが、そうでないと知ったときは驚きました。それほどまでに大和というのは北陸地方に強い影響力を持っているわけです。近年、地方はおろか大手百貨店でも苦境に立たされているご時世に、ここまで頑張っている大和はすごいと思います。やはりものごとは地道な積み重ねが大事ということでしょうか。
画像
大和が移転したとはいっても、同じ通りを平面移動しただけなので、このように新大和から旧大和を見通すことも出来ます。
画像
大和の入口です。普通、正面入口は外から見える位置にあるものですが、富山大和の正面入口はは総曲輪通り(そうがわどおり)という商店街にあります。大和を使って客寄せし、同時に総曲輪通りも活性化させようという考え方です。これは大型の百貨店と商店街が上手く連携できている例だと思います。同じように高岡にも御旅屋通り(おたやどおり)という商店街があり、その中に大和もありますが、こちらは寂れていて、シャッターが下りている店も少なくありません。やはり富山と金沢の中間に位置している高岡では、人が流れていってしまうようです。
画像
総曲輪通りの入口です。何故か都会っぽく、ロッテリアがあります。石川県だと金沢にはなく、小松大和まで行かないと食べれません。
画像
西武の跡地です。総曲輪道理の入口の右隣にあります。青い看板で分かるとおり、以前ここは西武百貨店でした。しかし中心市街地の衰退の流れの中で、撤退を余儀なくされました。やはり富山では大和の力が強すぎたのでしょうか。跡地に商業施設とマンションの複合ビルを立てる計画があります。
画像
一方こちらは移転に伴って閉店した、旧富山大和です。西武跡地の問題もあるので、こちらの跡地利用はまだはっきりしていません。築70年を超える歴史的な建物なので残して欲しい気はしますが、そうとう老朽化しているので無理でしょう。
画像
四・五十年もの間大和の横を走ってきたデ7000型です。路面電車が環状化されたときに、再び大和の前を通ることはできるのでしょうか。まあ残っているとは思いますが…
画像
西町のバス停の近くに石川県の丸一観光のセレガが止まっていました。韓国車でコストダウンしている某社と違ってしっかりしてます。まあその某社もウィ○ート○ベルのポチになっているだけのようにしか見えないですが…
画像
せっかくの機会なので、市電ではなく、まいどはやバスに乗ってみることにしました。我が家は代々トヨタ派なので?日野を期待していたのですが、残念ながらエアロミディでした。

富山駅に着いた後、ライトレールに乗り換えました(写真撮り忘れたので画像省略)。
画像
今度はところ変わって岩瀬です。中途半端に昔の町並みが再現されています。
画像
両替商もあります(なんて言いませんよね…)。
画像
画像
お茶の店がありました。こちらで抹茶とアイスもなかをいただきました。結構なお手前でした。
画像
そして展望台→カナル会館を回るというお決まりのコース。しかもこの展望台、去年の10月にも行っているはずです。そしてカナル会館はもう数え切れないほど…
画像
帰りのライトレールの車内、無料運行の映像を流すなんて手が込んでますね。

お待ちかねのおまけ画像。
画像
高山線キハ120系。この前おわら臨でひっきりなしに見てもううんざり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 新潟のかかし

    土曜日は始発の市電に乗ってた人です(ぇ
    やはり(?)富山に来られていましたか。
    月曜日も少し乗りましたが、いっぱいでした(´・ω・`)
    >大学前
    大学前電停周辺はあまり見るところもありませんが、時々大学生が大量に乗車して南富山駅前行きが満員になることもありますよ。
    >大手モール
    残念ながら昔、大手モールに市電は走っていません(´・ω・`)
    正しいルートは、丸の内交差点から南に直進、旅篭町交差点で西町方面へ左折しそのまま直進、西町交差点に出るルート・・・だったはずです。(何
    今回の環状線も、旅篭町ルートも検討されましたが大手モールルートになった模様です。
    長文失礼しました。
    2007年09月25日 00:11
  • らいてふ

    その時代に生きていた訳ではないので分かりませんが、このリンク先のサイトを見ていると、1913年の開業から戦前までは市電が当時の大手通りを通過していることになっています。ただ、他のサイトでは一切触れられていないのでそれが確かなのかは分かりかねますが。
    KNBニュースの動画などでよく見ますが、現在の需要だと、旅篭町経由よりもやはり市民プラザのある大手モールの方が良いと判断されたのでしょうか。
    2007年09月25日 00:35
  • 新潟のかかし

    あっ、本当ですね。
    全く知りませんでしたorz
    旧西部線のイメージが強かったもので(´・ω・`)
    富山市の郷土博物館が書いているのなら、多分それが正しいと思います。
    2007年09月25日 01:58
  • らいてふ

    郷土資料館って城の中ですよね。展示物には目もくれず、天守?に登ったことはあります。
    2007年09月25日 23:43

この記事へのトラックバック