これぞホントの能登ふるさと博

画像
「能登ふるさと博号」は昨日で終了しましたが、能登ふるさと博は10月まで開催しています。今日はそれに関連して能登方面へ行きました。

まずは能登有料+珠洲道路を時速100キロで爆走。ちなみに自分は免許持ってません(高校生なんでね原付ならもうじき取れそう)
途中の珠洲道路で奥能登観光開発…北鉄奥能登バスのエアロエース特急バスを発見。ナンバーは「石川2xx X571」・・・要は571しか読みとれなかったという事で
画像
珠洲駅です。ここへ来たのは実に2005年3月26日以来です。ですが全く様子が変わっていません・・・
画像
ただ、バス停の名前が「昭和橋」になっていました。
画像
写真はリバイバル能登路の当時です。そしてアフターはというと、
画像
草ボーボーです

んで、今日ここで何があるかというと、
画像
鉄道市。越前大野などと同じ方のようです。「ホーロー製のサボや号車番号札はもう出ないだろう」とのこと。
画像
中にはこんな物も。以前は「雷鳥」や「加越」なんかも出回っていましたが。

なお、能登線の末期に熱心に活動されていた(&蛸島駅によくいらっしゃった)T氏も駆けつけていました。お兄さんの方はまだのと鉄道の運転士をされていますね。
画像
蛸島駅のほうにも寄ってみました。蛸島駅ってこんな小さい駅でしたっけ
なお、自販機で蛸島駅グッズを買いました。レール・エア21さんのでしょうか。
画像
蛸島から穴水方向にNT100が保存されています。運転体験のほうも厳しいようですね。もしサマージャンボが当たれば・・・

画像
鉄道だけ撮って帰るのももったいないので見附島に寄ります。のとじ荘ってまだ営業してたんですね
画像
恋路付近です。
画像
松波です。
画像
宇出津です。ここにのと鉄道の本社があったのも今は昔の話。

画像
すし屋の「あたか」さんで能登丼をいただきました。価格は2000円で高いですが、豪華な食材を使ってあります
美味しかったです。しかも「お箸」のプレゼントがありました。

画像
最後に、藤波駅付近に保存(放置?)されているNT123です。藤波駅から線路を歩けば着くのですが、ちょっと接近困難だったので、真上からとなりました。仮に保存費用が捻出できたとして、どこかに移動させようと思ってもこの状況では移動不可ですね

以上、能登線廃線跡リポートでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック