変貌してゆく北鉄電車

画像
先月の鉄道ジャーナルより、北陸鉄道の旧型電車モハ3752型、ED20型、ED30型機関車が除籍されていたことが明らかになりました。

モハ3750形はモハ5000形として1951年に製造され、加南線で観光客輸送で活躍しました。ところがロマンスカー6000形・6010形が登場するとモハ5000形は石川線に転属となり、ロングシート化されました。
その後、AL制御化、正面貫通扉増設などが行われて3750形となり、今に到ります。

他2両の機関車も北陸鉄道によって自社発注された機関車でした。特に、ED30型は足回りが7000形と同じものに変えられ、珍しいカルダン駆動の電気機関車となっています。
今回、旧型電車・機関車が除籍されたことをたいへん残念に思います。

なお、10月5日には鶴来駅で「ほくてつ電車まつり」が開かれます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック