屋代→上田電鉄

長野の私鉄とリバイバル信州号169系のツアーの旅行記です。

画像
長野電鉄屋代線で屋代に到着。どっかの中学校?の吹奏楽部っぽい生徒たちが大量に乗車。一眼レフ持ってると気まずいんですよね・・・
画像
しなの鉄道115系です。噂には聞いていましたが、ドア上にLCDパネルがついています。ここまでやるならシートピッチ拡大とか転クロ化とかもやって欲しい。ぜひ!
画像
この前開業したばかりの千曲駅通過。
画像
EH200形機関車ともすれ違います。愛称は「ECO POWER ブルーサンダー」だそうで。もしEH10が平成の世に誕生してたら「ブラックサン(ry・・

画像
上田では上田電鉄別所線に乗り換えます。
画像
来た車両は7200系まるまどりーむ号。すでに通常仕様の7200系は全廃になって、搬出されてしまったようです。上田電鉄カラーの7200系も短命でした。
画像
車内の様子です。117系電車のように木目調のカッティングシートが貼られています。「作り物」感はありますけど、この雰囲気けっこう好きです。

列車には観光ガイドが乗車していました。地図を配ったり、沿線の名所案内、駅の由来などについていろいろアナウンスで聞くことができて知識が増えました。途中の大学前で「長野大学・(略)・大学に進学の際は別所線をご利用ください」というアナウンスに客は苦笑い。別に上田電鉄の回し者ではないんですが。
あとやはり駅間が短いからか、しゃべり終わらないうちに駅に着いてしまうのが気になりました。
画像
「碓氷峠よりきつい坂」(ガイド談)を上り終えると、終点の別所温泉に着きます。駅には観光協会の人が委託駅員として常駐しています。また、駅の上には桜がたくさん植えられていて、桜が咲くシーズンになったらたぶんキレイなんだろうなーってのが想像できます。
画像
別所温泉ってぜひ電車で訪れてみたい温泉ですよね。
画像
駅の手前の留置線跡には旧型車両が保存されています。正真正銘のいわゆる丸窓電車です。新旧並びで撮りたくなるのがマニア心理ってもんです(笑
画像
上田からもう1編成のまるまどりーむ号が到着。これに乗ります。
画像
んで下之郷で下車。
画像
完全に東急カラーの上電バス。このバスは最終なので、丸子まで行ってしまうと本日中には戻って来れないという旨を運転手さんが告げたので、「途中の南原工業団地で引き返す」といったら「丸窓電車見に行かれるのですか」とお見通し。結局、鉄道談議になってしまいました。
本当は走行中の運転手には話しかけたらダメなんですけども。
画像
運転手さんのご厚意で途中の「富士山(ふじやま)」バス停で下ろしてもらい、記念撮影。しかしまあ…鉄道の転換路線なのに一日4往復ってのはひどいですね。
画像
予定通り南原工業団地で降りて、長野計器の工場前の丸窓電車を見(眺め?)ました。
画像
あまり写真を撮りやすい構図ではないんだけど、保存してくれていることに感謝しなきゃいけないですね。
さっきの返しのバスが来るまでセブンイレブンで暇つぶし。さっさと金沢こいまー!(怒
画像
ギラギラ
画像
下之郷に戻って、下之郷からは1000系「自然と友だち号」。ギャラリートレインで、この地区特産の「つるし雛」が吊るされています。
感想:椅子が硬い。尻が割れそうです。あとドアチャイムが変。ミドミド/ミドレド♪って鳴ります。ファミコンのポーズ音じゃないんだから・・・
画像
上田原らへんで下りと交換。よりによってこれが一番光線状態が良い写真とは・・・
画像
終点上田到着。この時まだ夕方5時くらいだったので、駅前のイトーヨーカドーと西武跡地の「ラヴィン」の閉店セールをふらつきます。が、特に欲しいものもなくて、ホテルにチェックイン。夕食は中華料理屋で中華飯とラーメン食べました。
画像
帝国ホテル以上に「新幹線の見えるお部屋」でした。

次へ進む→


にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック