秘境・非冷房のローカル列車

画像
青春18きっぷ5日分をフルに使っての東北旅行も最終日となりました。最終日はひたすら列車に乗って帰るだけなのですが、少し遠回りで通好みのローカル線を乗り継いでの帰還です。

画像
会津若松停車中の会津鉄道の列車。東武直通特急→会津鉄道というルートも一度乗ってみたいです。

まず最初は会津若松駅から只見線に乗車。5:59出発
画像
車両はどこにでも走っているキハ40系のディーゼルカーです。でも今日の車両が他と違うのは…非冷房車だということ。
しかも前のキハ40形のほうはスーパーロングシートです。

自分がこれまでに乗った非冷房の車両は大井川鉄道の旧客、黒部峡谷鉄道のトロッコ、万葉線の旧型、福井鉄道の旧型くらいのもので、おそらく平成生まれの同年代なら普通、非冷房の列車なんか乗ったこともないはず。
それが21世紀の現在になっても当然のようにJR線で乗れてしまうという驚き。たぶん窓開けないと死にます。

列車は只見川の渓流沿いを走ります。途中の駅からはホームが1両分しかないため、ドアカット実施。
画像
8時ごろ会津川口駅到着。「妖精の里」とのこと。
山間部なので、農協と郵便局も駅にくっついています。
画像
久しぶりの対向列車が到着。
画像
タブレット閉塞の区間なので、タブレットを渡します。
映画のワンシーンみたいですね。
画像
さて出発。
画像
8:53、只見到着。もはや自然があるのみです。
画像
この先に田子倉湖があり、そこからさらに只見川の上流を辿っていくと、尾瀬にたどり着きます。線路は只見川から離れ、山をトンネルで抜けて新潟県に入ります。よく考えたら、この列車が最後の東北カラーです。
田子倉駅は冬季に閉鎖になる臨時駅です。
画像
10:13、列車は山を抜けて小出に到着。とはいってもまだまだ山の中ですが…
でも一つだけいえるのは、東北から出たということ。さよなら東北、こんにちは信越って感じで。
画像
上越線の列車で越後川口に移動。このとき11:23。昼飯の調達のために少し町を歩いてみましたが、ファーストフード店などあるはずもなく、仕方なくコンビニで一平ちゃん食べました。
画像
キハ40と交互くらいで乗っている気がするキハ110系。ここからタンコロ飯山線に乗車です。車窓左側に信濃川が見えます。
森宮野原駅には積雪日本一の標柱が立っています。と近くの親子連れの母親が言ってました。
画像
…2時間後、戸狩野沢温泉駅到着。A列車やってる間に着いちゃいました。
ていうか新潟から一回長野県入ってます。

戸狩野沢温泉では系統が分かれていて、ここで長野行きに乗り換えます。
画像
15:55、豊野に到着。
画像
豊野駅はぱっとみ歩道橋みたいな感じの橋上駅です。
画像
長野行きの妙高号到着。これが直江津行きだったら良かったんですけど、
画像
ま、115系です。しかも座席逆側っていう…
画像
てわけで北陸に戻ってきてしまいました。

今回は青春18きっぷを使って普通列車だけで東北のローカル線とかリゾート列車を回ってくるというけっこう無茶なものでしたが、いろんな車窓に出会えたのがとても良かったです。東北ってまだ日本の原風景みたいのがたくさん残っていて、とてもいい所だと思います。

長くなりましたがご覧下さってありがとうございました。

青春18きっぷで行く東北の旅
1日目(1) 18きっぷで東北へ~
2日目前(2) 日本海側をずーっと北上
2日目後(3) リゾートしらかみで青森へ
3日目前(4) リアスシーライナー(上)
3日目後(5) リアスシーライナー(下)
4日目前(6) 仙石線103系
4日目後(7) リゾートみのりで山形県
5日目(8) 秘境・非冷房のローカル列車

にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック