2010年3月13日改正 北陸・能登廃止

画像
昨日、来春のダイヤ改正の詳細が発表になりました。予想はしていましたが、新車導入の引き換えに全体的に減車と減量ダイヤとなっています。

金沢支社関係では、
サンダーバードに新製車両を追加投入、雷鳥の置換え。
七尾線サンダーバードを6両化
寝台特急北陸、能登の廃止
福井~金沢間で521系電車運行開始
大糸線にキハ120系を投入し、キハ52形を置換え
七尾線快速の廃止

サンダーバードに683系4000番台車を追加投入しサンダーバードを増発、雷鳥は平日6連に短縮の上、1往復に減便されます。
平日6連・休日9連っていうのは2種類の編成を用意しないといけないので非効率な気がしますがどうでしょう。
それにしても雷鳥もついに1往復体制になってしまうとは…。1964年の運転開始時と同じ本数になってしまいました。

七尾線サンダーバードの6両化は、これまで雷鳥として運転してきた列車(金沢止まりの雷鳥・サンダバ)を中心に6両に減車した上で全車和倉直通化となります。つまり、今まで富山・和倉温泉行きとして金沢で分割していたサンダーバードが、系統が分離されて単独運転になるってことです。ということは3両の付属編成の立場があいまいになるってことですかぁ?

寝台特急北陸・能登の廃止。ついに公式から発表されてしまいました。代替として、土日や繁忙期に臨時急行を設定するとのこと。どうせ臨時化するならケチケチしないで快速に格下げしろよとも思いますが…
使用車両は未定ですが、上沼垂の485系K・T18・R26・27編成説が有力です。でもR26・27編成は減光装置がありません(臨時急行能登の使用実績あり)。
特設サイトもご覧下さい

石川県内での521系運行開始については諸説ありましたが、やはり福井~金沢間での運行になりました。これは福井県負担分の521系1次車と共通運行させるためという意図がありそうです。ということで毎日の通学電車は引き続き旧型車ってことが決定しました(金沢以東組なので…)。

大糸線にキハ120系投入。これはもう現実問題として仕方ないと思います。キハ52は最近頻繁に故障を起こしているようです。トイレ設置でサービス向上にもなるし、いいんじゃないですか?
キハ52とともに路線ごと廃止になるくらいなら十分マシかと。

最後に地味に七尾線快速廃止。これで快速通過駅住民の立場からしたら、毎朝の乗車機会が上がるのでうれしい反面、なんか寂しい。金沢~津幡間無停車の快速(夕方の快速)が好きだったんですけどねぇ。


とまあ新幹線開業を前に北陸の鉄道が確実に変化しようとしている2010年3月13日改正でした。
ちなみに一昨日・昨日と代走のボンたかに遭遇。でも電車に乗らないといけないのでどっちも撮影を諦めました。


にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック