北鉄モハ3752・ED301がタダでもらえるそうです。

加賀一の宮~鶴来間の廃線以降とくに話題もないバス会社の北陸鉄道ですが、なんと
画像
電車・モハ3752 と 機関車・ED301をなんとタダでくれるらしいです。ソースはこちら


そういえば2006年にもモハ3751・3761の無償譲渡先を探してたことがありました。その結果、モハ3751は大聖寺川流し舟の待合室に、モハ3761は辰口図書館に静態保存されています。

今回のモハ3752とED301ですが、
モハ3752:1951年にモハ5002として広瀬車両で新造。当初は加南線の主力車両として観光輸送に活躍していたが、カルダン駆動の6000形とアルミ車体の6010形の登場により、1964年に通勤路線の石川総線に転属。同時にロングシート化された。
1966年には他の石川線車両と性能を合わせるために下回りが名鉄の廃車発生品に変更。モハ3752に改番された。1983年には車体の更新工事が施され、現在の姿になった。
その後7000形導入に伴って予備車化されたが、2000年に7000形が踏切事故で修復が必要になると、モハ3751と2連を組んで代走し、それが結果的に最後の営業運行となった。

ED301:1954年に東洋電機で製造され、当初から石川線で貨物輸送に活躍していた。1976年の貨物輸送廃止以降は除雪用としてスノープラウが設置された。7000系電車導入後、足回りを7000系と共通化し、たぶん私鉄では前例のないカルダン駆動の機関車となった。

といった感じです。

ともかく鶴来で放置され続けるぐらいならどっかいいところに保存されてくれるといいですね。


にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック