ツアーバスの事故について

29日、金沢発TDR行のツアーバスが関越道藤岡で壁面に激突する事故がありました。
金沢を離れたいま、隣の藤岡でこのような事故があったというのはとても他人事ではない気がします。

自分はいま高崎市に住んでいるのですが、29日に東京方面に用事があり、事故区間を通過してきました。行きは上信越道藤岡から乗車し、帰りは関越道高崎で降りたので、事故物件であるバスは見ずに済んだのですが、帰りに反対車線から藤岡JCTの壁が損壊しているのが確認できました。

金沢東京間は航空機だと割高になり、電車だと乗り換えがあって少し不便な区間ですので、規制緩和後はツアーバスが大きく勢力を伸ばしてきた区間でもあります。

ツアーバスの事故といえば数年前の「あずみ野観光バス」の事故が思い起こされます。これは零細のバス会社が旅行業者から法外に安い請負運賃での運行を強要され、無理な1人乗務を行った結果、居眠り運転で事故に至ったというものです。そして今回の事故が起こったいきさつも全く一緒なものです。

まあ安い理由には必ず裏があります。LCCの様に設備や機材の効率化、トラブル時の代替がきかないことなど既存のものに比べて消費者にわかりやすいコスト削減の手法もありますが、ツアーバスの場合は消費者にとっては既存の高速路線バスとの違いが分かりにくいです。そしてコスト削減のしわ寄せを受けるのは運行会社とバス運転手個人です。大雑把にいえば、低コストを維持するために安全性を削っているということにもなります。

自分はツアーバス自体を否定するつもりはないですが、現状のツアーバスには問題点が山積していると思います。利用者からすればバス停じゃないところから出発することなどで混乱があるでしょうし、運行する側からすれば「旅行業者」と不当運賃での運転を強要される「バス会社」の上下関係も大いに問題があるでしょう。ウィラーのように自前で企画から運行まで行うような会社でしたら少しは安全に対する投資もできるでしょうが(未だに自社以外のバスも多く走らせていますが…)、企画だけを行って数社にもわたる零細バス会社に運行させているような旅行業者は、あくまで下請けであるバス会社に対して安全面の面倒を見るということはないでしょう。

インターネット予約や設備の多様(高付加価値)化など、ツアーバスがもたらしたバスの変革は大きいと思いますが、格安競争にさらされる末端の事業者の実情は「あずみ野観光バス事故」のときから何も変わっていないと思います。安全第一を徹底するためには、法規制の強化は避けて通れないと思います。

もう二度と同じような犠牲者を出さないために…


被害者の方々のご冥福をお祈りいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック