房総を乗りつくす!マリンブルー南房総・小湊鐵道

マリンブルー南房総号に乗って、房総半島を一周してきました。

画像
高崎駅に入線したマリンブルー南房総号。車両はE653系の青色の編成でした。ちなみに側面は臨時表示でした。

E653系は今、特急いなほへの転用のため、改造が施されています。よって未改造の編成に乗れるのも貴重な体験ですね。

Hitachi Express ってうっすら見えますけど…

画像
車内はこんな感じ。もともとは常磐線用ですが、車内の雰囲気は房総にも似合います。

列車は大宮まで高崎線を走り、そこから先は貨物用の支線を通って武蔵野線に入ります。

武蔵野線内はレイクタウンなんかを望みながら、通勤電車の間をゆっくり走ます。

西船橋から京葉線に入り、工業地帯の中を進みます。

蘇我で外房線に入り、今までのスピードを取り戻すかのように全開走行します。
上総一ノ宮を過ぎたあたりから左手には海が見えてきます。


画像
勝浦などを経由して、終点の安房鴨川に到着。

画像
シーワールドを見に行ったりすることもなく、駅前の食堂で昼食をとります。

画像
ここからは209系の普通列車で一気に五井まで進行。

途中の館山とか、鋸山最寄りの浜金谷など降りたい駅はたくさんあるのですが、今回はパスします。

画像
五井に到着。

画像
この駅から、小湊鐵道に乗車します。
房総半島横断乗車券というきっぷが発売されていて、これを使うとかなりお得に小湊鐵道といすみ鉄道に乗車できます。

画像
難読駅名の海土有木駅。

画像
小湊鐵道はよくCMなどに登場します。ローカル線らしい雰囲気と車両が古いのが受けるのでしょう。ここまで車両の置き換えが聞こえてこないのも珍しいです。

画像
車内の様子です。2連ですが、車掌さんと他数名しか乗ってませんww

画像
タブレット交換が行われていました。ついこの間まではお隣の久留里線でもタブレット閉塞が行われていましたが、廃止になりましたね。

画像
最後は急な勾配を登り切って、上総中野に到着。
DMH17型の1エンジン車にはなかなか辛そうでした。

次へ→

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック