碓氷峠鉄道文化むら

画像
文化むらに行ってきました。

大学週二しか行かなくていいから暇なんですよねーww

画像
横川駅にアプト式の模型が置いてあります。

画像
ちょうどお昼だったので、荻野屋の本店に入りました。
しかし、釜めしを注文したんじゃ普通すぎるので、今日はカツ丼を頼んでみました。

画像
なにやら前回来たときにはいなかった新顔が。新幹線用の軌道モーターカーらしいです。

画像
半ば文化むらのシンボルのようになっている、クハ189。車内に入ることもできます。まだ現役で走っている車両でもあり、親近感がわきますね。
ちなみに側面の国鉄マークが復元されているのはここだけです。

画像
和式客車「くつろぎ」です。後に485系「やまなみ・せせらぎ」に置き換えられましたが、それもリゾートやまどりになって消滅。
現在高崎にお座敷列車は配置されていないのですが、それでも着地型JTとしてのリゾートやまどりの活躍を見ていると、改造されて正解だったのかなと。

で、くつろぎの方ですが、上信電鉄への入線実績もあり、上信線内ではデキが牽引したとか。
見てみたかったです…というより今からでも遅くないから上信で引き取ってくんないかな(笑)

画像
車内はざっとこんな感じです。木目調で畳敷きの小上がりがあり、調度として欄間までついているという本格仕様。
自分の中では、ここを自習室代わりに使わせてもらおうという計画が持ち上がっていますww

画像
車端には、ロビースペースもあります。C寝台ではありません!

画像
逆側の車端部にはティーサーバーもあります。これが稼働してくれれば、自習室化間違いなし(笑)

画像
EF58と、それに連なる10系客車

画像
10系寝台車の車内は入れなかったのですが、隙間から車内を覗えました。寝台車のこの雰囲気いいですよね。

画像
189系電車。横川駅の駐車場のところにずっと止まってたやつですね。結局2両だけ保存されました。
現在も走っている車両だし、こんな状態で保存されることに意味があるのかどうなのか…

画像
峠のシェルパことEF63。この他にも展示用や体験運転用に数両が保存されています。同一形式でこれだけ保存車が多い機関車というのは、SLとかじゃないとなかなかないですよね。

画像
EF65-535は貨物牽引用のEF65F型機関車です。窓上にヒサシがついているので、表情がきりっとしていてイケメン。

画像
園内遊具のシェルパくん。平日なので牽引機はDLの10000です。しかし、園内遊具の侮るなかれ。10000はロッド式B型というなかなかお目にかかれない貴重な仕様なのと、牽引される客車もこの類の遊具にしては比較的長い客車です。

画像
キハ35-901は、東急車両で製造されたステンレス製気動車。思えば、現在のキハE130とかの先祖にあたるわけですね。
以前来たときは日進の幕を表示していましたが、今回は川越です。

画像
EF60とキハ20。EF60-501はブルートレイン牽引用に製造された形式で、同型の19号機(こちらは貨物用)は、高タカに現在も所属。

画像
準鉄道記念物に指定されている国産アプト式鉄道(ED42-1)

画像
最後は碓氷線バス。トップドア車が使用されている。

久々の鉄道文化むらでした。電車で行くと横川まですぐなんだなーって印象を持ちました。

一つだけ要望させてもらいたいとしたら、せっかく園内で瓶コーラを売っているのに、センヌキが使えるのが「くつろぎ」だけなんですよね(189系はリニューアル車なのでセンヌキ無し、キハ20は施錠)。そこどうにかしてほしいなと。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ~NORINKO~

    あらら?新幹線保線車も仲間入りかしら?

    国鉄車両は解体されてるから展示ネタ切れなのかしら?

    (∋_∈)

    って‥アスベスト問題で静態保存も難しいみたいね

    (┳◇┳)
    2013年10月29日 00:43

この記事へのトラックバック