18きっぷで東北へ'14-1

画像
青春18きっぷを利用して東北へ行ってきました。東北は5年前に訪れていて、その時の旅行記がこちらなのですが、震災後に鉄道の復興がなかなか進まなかったため、しばらくは旅行できずにいました。ですが今年4月に三陸鉄道が全線で復旧したこともあり、これが一つのタイミングだと思ったので、再訪することに決めました。

ルートは
1日目 高崎→栃木→東武日光→会津若松→郡山→福島→飯坂温泉
2日目 飯坂温泉→福島→盛岡→久慈→八戸→浅虫温泉
3日目 浅虫温泉→青森→蟹田→三厩→蟹田→新青森→弘前→黒石→中央弘前→大鰐温泉→高崎

です。時間的制約もあり、途中躊躇なく特急や新幹線を使っています(笑)

カメラは今回SONYのNEX-6を持っていきました。これまではD7000を使っていましたが、軽量でかさばらないミラーレスの方が持ち運びに便利だと思ったので変えました。
おかげさまで首への負担が大分軽減されました(笑)

画像
8:36高崎出発
まずは両毛線で栃木を目指します。
画像
115系もあと何回乗れるかわからないので(多分まだまだ乗れるでしょうが…)、車内を撮影しておきます。数十年後に見たら懐かしさを感じるのかなぁ…
画像
10:15栃木着、10:26発
画像
栃木からは東武の快速で日光に向かいます。やはり夏休みなので多数のお客さんが乗っています。
下今市まで6両、その先は4両が新藤原・2両が東武日光ゆきになるので、2両しかない日光ゆきはとても混雑していました。
画像
分割の様子。
画像
下今市では、停車時間に駅弁の立ち売りをやっていました。お昼に食べるものもないので、幕の内を購入。
画像
11:21東武日光着
駅前は日光の観光客で溢れかえっていました。
画像
11:37東武日光発
ここからは野岩鉄道・会津鉄道の観光列車、AIZUマウントエクスプレス号(以下、AMEX)に乗車。
AMEXは以前、キハ8500時代に一度乗車しています(こちら)が、新型のAT-700・750に置き換わってからは初の乗車。
画像
車内にはリクライニングシートが並んでいて、外観とは裏腹に快適です。ただベース車がNDCなので、窓割りが合わない席や窓なし席などもあります。
ですから、始発の東武日光で席取りをしておいて正解だったと思います(笑)
画像
また、NDCなので一番前の席では前面展望が楽しめますが、たいていデッキにアテントさんがいるので、ちょっと気まずいかもしれませんww

日光発車時点では乗車率はまばらですが、鬼怒川温泉発車時点では座席がほぼ埋まります。
画像
下今市~大谷向で大谷川を渡ります。川上から川下にかけて何重もの堰になっているのが確認できます。
画像
さっき買った弁当を開けます。幕の内でもお腹一杯になるような胃になってきました…
画像
画像
途中の景色です。
画像
湯野上温泉駅には足湯が完成していました。
画像
芦ノ牧温泉駅にはキハ30(AT301)が保存されています。
この駅は猫の「ばす駅長」が有名ですが、新しい仲間として見習の「らぶ駅員」が加わったようです。


次へ進む→

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック