四国桃鉄ツアー2(高松編)

画像

四国桃鉄ツアーは高松に続きます。

画像

まずは桃鉄で高松の左下の黄マスに停まると出てくることで有名な?観音寺の砂絵です。この日は太陽の位置のせいか、きれいに見えませんでしたが、

画像

適度に影が出るとこのように見えます。
江戸時代にこんな砂絵が作られたのがすごいですね。

画像

で、せっかく香川にきたので、この日はうどんツアーを実施しました。
まず一軒目は「長田in香の香」さん。ご覧のとおり、早朝にも関わらず長蛇の列です(笑)

画像

待つこと1時間以上、ようやく入店。
本場の釜揚げうどんはとてもコシがあって美味しかったです。

画像

二軒目までの移動途中、鬼無駅に立ち寄ります。奇しくも現在進行形で魔改造されつつある121系が停車中。

画像

この駅に何があるかといいますと、そう、桃鉄の石像です(トップ画参照)。
ずっと来たいと思っていましたが、ようやく実現。
なお、画像の石像は貧乏神の上に猿=貧乏が去る を意味しています。去るかな…?笑

画像

この後はサクサクと。鬼無駅から程近いセルフうどん店「一福」さん。
今では丸亀製麺などで当たり前になっているセルフうどん店、高松には結構あるみたいです。

天かすだけでなくレモンや大根おろしも無料でトッピングできてお得です!
かけうどんの冷を注文。さっぱりしていて美味しかったです。

画像

締めくくりは屋島の四国村内にある、「わら屋」さん。古民家調の建物が特徴的です。
ここでは生醤油うどんを注文。その名のとおり、右側に写っているうどん醤油をぶっかけるスタイルです。
当地ではメジャーな食べ方のようです。

とても楽しいうどんツアーだったんですが、最初の香の香さんで想定外の時間を食ってしまい、他に二軒ほどあった行きたいうどん屋さんに行けない事態に(笑)
またいつか再トライしたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック