おくひだ1号運転体験

DSC07878.JPGかつて「奥飛騨の地下鉄」と呼ばれた旧神岡鉄道。その廃線後で、かつて実際に活躍していた車両を使用した運転体験が行われました。
私も運転体験に参加してきましたので、その様子をレポートしたいと思います。

DSC07855.JPG集合場所は、旧奥飛騨温泉口駅。かつての神岡鉄道の終着駅で、旧神岡町のはずれの方にあります。

DSC07879.JPGDSC07880.JPG駅舎の中では、神岡鉄道で実際に使われていたヘッドマークや乗車券などが展示されています。
神岡鉄道は収入の柱であった硫酸貨物がトラックに切替えられたことに伴い、旅客輸送だけでの事業継続が困難となったため、2006年の11月末に廃線。今から数えてちょうど13年前の話となりますが、私も当時廃線前に何度か乗りにいきました。その時と現在とで様子は大きく変わっておらず、非常に懐かしく感じました。

DSC07856.JPGこの日午後の部の参加者は10名程度。そのうち実際にマスコンを握るのは私を含めて5名。参加者は当時と変わらない様子でホームに止まっている、「おくひだ1号」に乗車します。

DSC07857.JPG「おくひだ1号」ことKM100形気動車の特徴の一つ、囲炉裏を囲むタイプの座席も健在です。
また数時間前からアイドリングしていたんでしょうか、排気臭や車内の独特のニオイも懐かしかったです。

DSC07865.JPG説明もほどほどに、運転台に向かいます。
指導担当の運転士さん(神岡線で実際に運転士をされていた方だそうです)が、最初の1往復、デモ運転を見せてくれました。

ほかの参加者の方の中には、2度3度と運転しているリピーターの方もおられましたが、私は人生で初の列車運転です(電車でGOは幾度となくやっていますが…)。
ブレーキハンドルと変速機のハンドルが渡され、タブレットを受け取り、各種スイッチを操作して準備ができたら発車となります。

神岡線ってタブレット閉塞でしたっけ…あまりこの辺は記憶がないですね。

旧型の気動車なので、変速機は変速段と直結段の2段。ただし神岡大橋まで25キロ制限とのことで、直結段は使いません。
指導担当の運転士さんに手ほどきを受けながら、前方を確認して出発。

DSC07863.JPG温泉口のポイントは時速15キロで通過。その後は3ノッチまで入れて25キロまで加速します。

左カーブ途中くらいから惰行。ここまではわずかに下り勾配で、神岡大橋手前のガード下から少し上りとなります。
ガードの下あたりでブレーキ操作を開始して、神岡大橋駅に入線。

想像通り、ブレーキングに苦戦。空気を溜めて制動をかける加減が難しく、最初は急制動になって、停止位置のかなり手前に停車してしまいました。電車でGOだと20点マイナスくらいでしょうか(笑)

他の方もやはりブレーキングで苦戦しているようでした。急ブレーキになったりオーバーランしたりといった具合です。

そんな中、お一人桁外れに上手な方がおられて、もしやリピーターなのかな?と思っていたところ、聞けば某第三セクター鉄道の現役運転士さんとのことでした。
どおりで手際よく運転しておられたし、指差喚呼もバッチリ決めておられたわけだ…
やっぱり技術のいる仕事ってカッコいいですね。

また、ある方はアルプスの牧場オルゴールを鳴らしておられたり。
この車両、オルゴール積んでるんですねー

13年前の廃線のときも川沿いの紅葉がきれいでしたが、今回も木々が赤く色づいていてきれいでした(もっとも運転中はそんなこと気にしている余裕なかったですが…)
車窓からの景色を動画に収めておきました。

DSC07869.JPG紅葉のじゅうたんです。

DSC07859.JPG晩年の時刻表や運賃表もそのまま残っていました。全線を走破する列車は一日たった6往復、奥飛騨温泉口発の最終は18:00というローカルっぷりに改めて驚かされます。イベントなどの臨時運行では、区間列車が猪谷まで延長されていた気がします。
交換駅は神岡鉱山前のみ。交換列車もなかった記憶。
また全線通して30分の乗車時間で片道運賃が580円と、当時中学生だった私には「高いなぁ」と思った記憶がありますが、いま1駅間の運転体験に数万円も出せるようになって「大人になったなぁ」としみじみ思いました(笑)

運転体験は当初2往復だと思っていたのですが、時間いっぱいやりましょうとのことで、一人4往復も体験することができました。
神岡線が廃線になった時には、まさかその後一区間を20往復もできるなんて思いもしませんでした(笑)

神岡鉄道は現役当時よりむしろ廃線後にレールマウンテンバイク「ガッタンゴー」で注目されるようになった稀有な鉄道で、山々の中を自転車走り抜ける爽快感はたまらないものがあります。

しかしながら改めて当時の列車に乗ると、やっぱり列車はいいなぁと思います。
採算面から、当初検討されていた観光鉄道化は断念せざるを得なかったようですが、こういった形で年に数回の運転体験が、車両の寿命が続く限り続けばいいなーと思います。
車両の維持や線路の保守、そしてガッタンゴーの運営に携わっておられる方々に感謝です!!

また運転体験が実施されるときには、ぜひ参加したいと思いました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント