今日も赤矢3連/2

画像
立山に移動。もう一本の赤矢が2連で特急運用に入っています。

画像
立山駅は今日も曇ってます。ケーブルが到着する度に駅から大量の観光客が出てきます。大半は観光バスに乗り込んでいくんですが・・・

ここで立山駅のプチ情報。
立山駅2階の佐伯宗義記念館には、1969年に運転したお召列車のテーブルと椅子が展示されています。これは富山県で全国植樹祭が行われた時のもので、14720形のサハ222に陛下がご乗車されました。もし今の地鉄でお召列車を運転するとしたら16010形なんでしょうけど、供奉の人たちや警備の関係上、サハじゃないと厳しいでしょうね。

ぜんぜん立山駅と関係ない話に・・・
画像
地鉄の終端駅ではこのような液晶ディスプレーが導入されています。ちょっと前まではパタパタが現役だったんですが、国際的観光ルートということで外国語表示のできる装置が導入されたのだと思います。

ケーブルの乗り場にも同じものが導入されています。さすがは地鉄の関連会社ですね。
画像
暇だったんで砂防軌道の展示場へ。
画像
旧大山寺遊園のおとぎ列車です。砂防軌道と同じ610mm軌間なので、比較用に置かれています。
画像
14720形の急行電車。今日もこの超お手軽駅近撮影ポイントを活用します。
画像
おけいはん
画像
赤矢3連が普通運用で到着。
画像
このアルペン特急の中間車に今から乗車します。
今さら書くまでも無いですが、16010形中間車は10月16日の特別運行を最後に廃車になります。
画像
衝撃の事実。中間車なのにクハ112表記です。どっかの近江鉄道みたいに車籍流用でクハ112なのか、それともプレートだけ流用しただけなのか・・・

確かに「中間付随車≒サ じゃないとダメなんて誰が決めたんだ」って言われたら反論のしようが無いです。
画像
車内は閑散。1~2割程度しか埋まってないです。それなのに車掌さん乗務でツーマン運行。
画像
あっという間に寺田到着。客がほとんど降ります。自由席車ではまさかの乗客0人に。
画像
のりかえます。
画像
地鉄最狂のゲテモノ特急車、第4編成です。車端部には新幹線からもらってきたリクライニングシート(但し回転せず)が装備され、外見はカボチャ色という強烈な外観をしています。185系の湘南色並みに似合わないです。

2日間、特急やいろいろな編成に乗れて楽しかったです。
クハ110型(中間車)は来週の特別運行をもって引退となってしまいますが、これからも16010形電車の永い活躍を期待しましょう。

おまけ






16010形特急「アルペン」3号の車内放送です。
上が立山発車後、下が寺田到着前です。自動放送ではないので、チャイムが入っていません。


にほんブログ村 鉄道ブログへ

"今日も赤矢3連/2"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: