地鉄に乗りたいから乗りに行ったんです!

画像
地鉄を撮りに行ってきました。

地鉄も最近はサービス向上したなぁと思ったのが、おけいはんの運用をテレホンセンターで教えてくれるサービスを始めたってこと。少し前なら「くだらんことで現業に電話すんなま」って怒られてたことでしょう。
ただ、これはあくまで乗車すること前提ですので、車で撮りに来るだけならご遠慮くださいということです。

で、結論から言うと、こんなサービス始めたことすっかり忘れてたので、おけいはん(テレビカー)の写真は撮れずじまいでした。

まあ別に気にはしないです。地鉄に乗りたいから乗りに来たんです!
べっ、別にスタンプラリーのためとかじゃ(ry


とりあえず立山駅に行かなきゃいけな…いや行きたいので、そこに止まってた赤矢に乗り込みます。
アルプスエキスプレス…ふむふむ

画像
まあいつものようにパシャパシャ写真撮りまくってたら、車内奥の方から声が、


「ちょっと待ってくださいお客様!」


アテンダントさんの声だ。何だろう?


「写真撮影はお断りしています」


ええっ!?ついにミトーカのじじい、自分の作品に酔いしれて権利主張しだしたか?

と思ったら、


「写真撮影は座席指定券をお求めの方のみとなります!」


なるほど、まあそのつもりで来たんですが…
ということで210円の座席指定券を購入。

地鉄の運賃に比べれば指定券の210円なんて安いもんです。
しかしこの車両の場合、従前の「座席確保したいから指定席とるわ」みたいな感じじゃなく、「静かな空間」に対して対価を払っているような感じもします。スタバのコンセプトですね。

その証拠に、この2号車は座席数が少なくて、全くもって詰め込み仕様にはなってません。

画像
こうして210円で撮影する権利を得た自分は、いろんなところに目を向けます。

上市寄りに、軽食やグッズ販売をしているカウンターがあります。車内放送もここで行っているようです。
せっかく乗ったんだから何か買えばよかったのですが、ビール飲んじゃうと車運転できないですし、赤矢を模したしろえびせんべいも実は家にある…と

とりあえず時刻表をもらいました。それってタダじゃん?ってのは言わないお約束です。

画像
座席指定券は従来の硬券ではなくて、オリジナルデザインのものです。しかも極めつけは、ちゃんと席番が印刷されてます。

また、紙風船が1枚ついてきます。富山=置き薬=紙風船ってことなんでしょう。

そういえばうちに来てた置き薬の人も紙風船くれたなぁ…
まあガキのころ限定だったんですがww

アルプスエキスプレスの紙風船は別に子供じゃなくてももらえます。

とにかく手の込みようがすごいですね…

画像
暖簾がかかっていますが、これは上市方と富山方でデザインが違います。

モハ時代は昭和の喫茶店みたいなオレンジ色のドアでしたね。まあ平成生まれだから昭和知らないんですけどww

画像
その右上を見ると、銘板が健在です。

リニューアルされても「クハ」の表記はそのままです。
改めておさらいしますが、地鉄では付随車=クハのようです。決して「サハ」ではありませんww

その下にはドーンデザイン研究所の表記もあります。おさらいですが、決して「DQN」では(ry

画像
ついでに(と言ってはなんですが…)自由席車の車内です。基本的な構造は残しながらも、モケット交換、床の張り替え、コンパートメント席の新設がなされています。

この間乗った阪急の「京とれいん」は一両ごとに赤モケット、緑モケット、コンパートメントがありましたが、この車両は全部入りの欲張り仕様になっています(笑)

こうなってくると銀色の掴み棒が目立ってしまいますが、おそらくミトーカ氏は吊革を排除したかったんだろうと推察します。



延々と車内の解説をしてきたわけですが、列車は発車。
で、2号車の車内は自分と他のお客さんとアテンダントさんの3人。サ…じゃなくてクハだからモーター音もしないので、眠気誘うくらいの静粛性。

もう一人のお客さんは真昼間からビール飲んでますww

しかし宇奈月の地ビールは若干興味ありますね。
どこ行ってもドライとラガーばっかですから、たまに変わったビールも飲んでみたいです。次は電車でこよっと。


アテンダントさんは若い方でした。むかし夏だけアル特に乗務してるおばさんとかはいましたが、若い方は初じゃないでしょうか(と学生が言うのも変な話ですが…)

車内放送とか、駅に到着するときに観光案内したりもしていらっしゃいました。
しかし、走行中は基本的に暇そうです(笑)


帰宅後、アテンダントさんのブログを発見!


(゚д゚;))


すげー感情豊かに列車とか沿線の案内されてます(^^;
あの保守的な地鉄からよく許可降りたもんだとww

しかもアルプス姐さんてあんた…あの車両女性だったのか!

まあ60形もお局様だから10形が女性でもおかしくはないと納得。


千垣橋梁らへんで「川の逆側もきれいですよー」

「そうですねー写真撮ってる人もたくさんいますねー」


なんて言ってるうちに立山到着。

画像
10形が2編成並びます。

右が姐さんなら左はお兄ですかね…

今日から勝手に第一編成を「お兄系」と呼ばせていただきますww
番号的にお兄な10021ももう星になっちゃったんで☆

画像
つーことで、鬼畜おけいはんスタンプラリーのスタンプを捺してもらって、レアカードをゲットします。

トレカビジネスよりも今はコンプガチャですよ鉄道各社のみなさん!笑


夏は賑わってる立山駅の売店で塩ソフト購入。
地味に好きなんですよねー塩ソフト…富山県内、それも呉東でしか手に入らないんです。

じゃあいつ食うの?今でしょ!


…とまあケーブルに乗るわけでもなく、そのまま稲荷町まで帰還。
帰りの車両はもちろん「お兄」ですww


長くなったので次へ→

"地鉄に乗りたいから乗りに行ったんです!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: