おわら臨2019

数年ぶりにおわら臨を撮ってきました。 千里駅近くのポイント。特急ひだは例年通り、4両編成での運転です。 こうやって見ると、キハ85も大分くたびれてきましたね。 同じ場所の逆側。キハ120の4連は富山色が3両、最後尾(富山側)に美祢線色を1両繋いでいます。 先頭は体質改善工事を受けていない、原型のキハ120。 ところ変わって婦中鵜坂の県道陸橋下。ちょうど稲刈りシーズンに差し掛…

続きを読む

おわら臨2011

今年のおわら臨はキハ181も走らない、キハ58も走らない、では何が走るんだろうと思い、倒壊車?岡山車?などといろいろ妄想を膨らませながらダイヤ情報を開くと、 キハ40・47形富山車4両 キハ120富山車4両 以上 おわら臨ェ… まあでも首都圏方面から団臨が運転されるということで行ってきました。 「そうさ、毎年おわら臨の状況を伝え続けることがこのブログの使命なんだ」…

続きを読む

おわら臨2010

今日は富山駅でおわら臨を撮ってきました。時間の都合で走行写真はありません。 今年は富山行かない(かも)発言して早9ヶ月。いったい何度目やら・・・ 学校が終わってすぐに金沢駅に向かい、はくたかに乗車。福岡で豪快に特急「おわら」を抜いていきます。 富山で特急「おわら」を待って撮影。「4番のりばに臨時特急が到着します。この列車は折り返し、臨時特急越中八尾行きになります。」という放送が流れます…

続きを読む

続・おわら臨2008

おわら臨の1日目に出撃してきました。 画像が重くなるので二部構成にしています。こちらは後編です。 前編はこちら 婦中鵜坂~西富山間の県道陸橋の上で撮影しています。 58の混色は2004年以来でしょうね。いやぁなんとも貴重なお姿・・・ エーデル鳥取。さすがに飽きてきた。 特急ひだ号。先頭車が中間に入らない美しい編成なんですが、煤煙でブラックフェイスに・・・ 120系が…

続きを読む

おわら臨2008

富山市の八尾(やつお)では町全体での踊り流し、「おわら風の盆」が開催されています。その期間中、20万人を動員するイベントの性格上、富山~越中八尾駅間でJRが観客輸送に当たるのですが、各地から集められた気動車で運転するため、「おわら臨」としてファンからは親しまれています。 また単線の区間ですが、各駅の交換設備をフル活用しての10分に1本という驚異の運転本数も有名となっています。 今日はおわら臨…

続きを読む

おわら臨Ⅳ

おわら臨撮影記の続きです。 越中八尾で撮影した後、隣の千里駅へと移動しました。こちらの千里駅も駅舎の塗装が塗り直されているようでした。おそらく、富山市の社会実験の関連で富山市によって整備されたのだと思います。 キハ58系気動車です。 特急おわら号、キハ181系気動車です。 短い3両編成のキハ120系気動車。車両数が11しかないためにこのようなことが起こります。 エーデル鳥取です…

続きを読む

おわら臨Ⅲ

前回はとうとう越中八尾の駅まで到着しました。次は越中八尾から歩いてすぐのところで、列車を撮影しました。 少し後ろが切れていて更に前には人も写っていますが、キハ47系×3とキハ40系ハットリくんピンクの4両編成です。今年はウケを狙ったのか、ハットリくん列車を連結しています。実際客ウケは良く、「こんなハットリくんの列車あるんや」などの声も聞こえました。 キハ120系の4連です。毎年走る平…

続きを読む

おわら臨Ⅱ

さて、松任工場などを見た後、富山に着きました。 富山では高岡色キハ58の4両編成が止まっていました。中間にパノラミックウィンドーのキハ58-1114を挟んでいましたが、その車内が特徴的でした。 このように、デッキとの仕切りの化粧板が木目調となっています。 キハ58の前期車と後期車が連結されているのですが、このようにその違いは大きいです。左側は近代的なパノラミックウィンドーですが…

続きを読む

おわら臨

今日はついにおわら臨に出撃してきました。 昨日、おとといは倶利伽羅にて臨時特急や回送などを撮りましたが、おわら臨はやはり高山線で撮らなければという事で、八尾へ行ってきました。 まず、その前に松任工場へと足を運んでみようと思い、小松方面の電車に乗りました。 すると、有ろう事かぼーっとしていて、松任で降りるのを忘れてしまいました。松任を発車する直前に気がついたものの、出口に駆け…

続きを読む

おわらを石川で楽しむ

今日も北陸線でおわらの気動車の撮影に行ってきました。 早速ですが、まずは12時12分、エーデル丹後+シュプール&リゾートです。エーデル丹後はかつて新大阪~天橋立間を結んでいた特急列車で、列車廃止後は波動用車両となっています。シュプール&リゾートは、シュプール号などに使用するために登場し、当初からエーデル丹後と併結する事が考慮されていたため、エーデル丹後の色違いの塗装となっています。 …

続きを読む

おわら臨2006

9月2日、おわら臨を撮影するため高山線へと足を運びました。富山駅についてみると、1番のりばに高岡のキハ58が停車していたので、それに乗りました。中にはチューリップフェアのお手製ポスターが貼ってありましたが、今年のチューリップ号はキハ40での運転だったので、このポスターは去年からあるのでしょうか。キハ58は去年のチューリップ号以来乗車していないのですが、久しぶりに乗ってみて、やっぱりいい感じだ…

続きを読む