花咲くいろは、三連!

8/24にのと鉄道で、「花咲くいろは」ラッピング車両の三両運行がおこなわれました。 もともと2両のいろはラッピング車がいました。そして新たなラッピング車の登場により、一両が広告解除になるので、最後の三両編成をやります!とのことでした。 アニメに登場する民子ちゃんの言葉を借りれば、「ホビロン!」なこの企画、どの程度人が集まるのかと思えば、鉄道ファンに加えてアニオタの皆さんが集結し、結構な盛り上…

続きを読む

七尾線にキハ48形の観光特急登場へ

平成27年10月、七尾線に観光特急が登場します! 車両はキハ48形の改造車を使用、途中羽咋・七尾駅に停車し、金沢~和倉温泉駅間を結びます。 全車指定で、車内は和風の作りになっています。 西の改造車としてはかなり右斜め上を行っていますね。「瀬戸内マリンビュー」「みすゞ潮彩」ときて、魔改造に磨きが掛かってきたのでしょうw 元祖観光列車のミトーカさんデザインは増殖しすぎて食傷気味ですが…

続きを読む

能登の里山里海号

表題の列車を撮ってきました。 能登有料から延々と山道を抜け、西岸駅に到着。 いろはのラッピング列車が入線。 湯乃鷺の駅名標と合わせて一枚。 駅名標の隣駅は 守田←→大塚になっています。で、不思議なことに逆側ホームの駅名標も 守田←→大塚になっているんですよね… いったい大塚駅はどっち側にあるんでしょうww 駅の北側の撮影ポイントで「能登の里山里海号」を撮影。 稲…

続きを読む

【花咲く】湯乃鷺駅に行ってきた【いろは】

しばらく実家に帰省していまして、ついでに湯乃鷺駅に行ってきました。 駅舎です。作中では湯涌の江戸村らへんにあることになっています。 駅舎内は、ポスターで飾られています。 あえて反転してませんが、緒花ちゃんの降り立ったシーンの場所です。ローカル線の雰囲気が出ていていいですね。 このシーンも何度か出てきた気がします。真ん中の小屋から電柱くらいをカットすると、それっぽく見えると…

続きを読む

ラストふるさと博号

ふるさと博号最後でした。もしかして七尾線走るの最後になるかも…なだけにがんばりました しかしまあ17時34分で日も落ちてきてISO感度を1600まで上げました。きったねー

続きを読む

これぞホントの能登ふるさと博

「能登ふるさと博号」は昨日で終了しましたが、能登ふるさと博は10月まで開催しています。今日はそれに関連して能登方面へ行きました。 まずは能登有料+珠洲道路を時速100キロで爆走。ちなみに自分は免許持ってません(高校生なんでね原付ならもうじき取れそう) 途中の珠洲道路で奥能登観光開発…北鉄奥能登バスのエア…

続きを読む

ふるさと博号最終日

今日は能登ふるさと博号の最終日でした(決してふるさと博が終わったわけではありませんので)。 今日は最終日という事で?のと鉄道の穴水駅までの乗り入れが実現しました。営業列車では2005年のさよなら能登路号以来です。 今日1日のリポートです。最後にはおまけもありますよっ(最後だけ見るなよ{%exclamation×2…

続きを読む

ふるさと博号其の二

今日もふるさと博号を見に行きました。学校から直です。今日は天候がよかったのでよかったです。しかし暑い(汗 まずは金沢駅から電車で・・・といいたい所ですが、電車ではなく特急バスに乗りました。こちらのほうが学校から近いので。 内灘のサンブリッジ(名前忘れた)を渡ります。 風車もあります。内灘インターから有料道路に入るのですが、料金所の収受員も「能登ふるさと博」Tシャツを着てアピールです…

続きを読む

能登ふるさと博号、続報!!

JR西からプレス発表されました。 「能登ふるさと博」号の運転について 能登ふれあい博号、キハ58国鉄色での運転です。 北國新聞朝刊によると「キハ58はかつて七尾線で急行「能登路」として活躍していた。今回の臨時快速などの運用を機に、車体は肌色と朱色の「国鉄色」に塗り替えられる。」だそうです。 ここで国語力が試されますが、まず「塗り替えられる」という表現。これは国鉄色以外の色から…

続きを読む

能登さくら駅

今日はのと鉄道七尾線の「能登鹿島駅」へ行ってきました。 能登鹿島駅は桜の名所として有名で、毎年おおぜいの観光客が訪れています。去年は地震の影響であまり咲きませんでしたが、今年は見事に満開となっていました。 また、同じのと鉄道の「西岸駅」、JR七尾線の見える「白虎山公園」へも行ってきました。 まずは白虎山公園です。羽咋郡の宝達志水町というところです。ひらがなにすると「ほうだつしみずちょう…

続きを読む

能登半島地震からはや1年

今月25日で能登半島地震の発生から一年が経過しました。被災地はかなり復興が進み、あとは倒壊した住宅の再建・仮設住宅からの移行が課題になります。 それにしてもあの地震はほんとに大きな地震でした。輪島市では、女性が石灯籠の下敷きになって亡くなるという痛ましい事故も起こりました。しかしながら、犠牲が最小限で済んだのは幸運だったのかもしれません。 当サイトでは、現地の様子を何度かお伝えしまし…

続きを読む

がんばろう能登

今日は3度目の能登へ行って来ました。 まずは西岸駅。なんか良い感じの駅ですねぇ。 で、何やら「がんばろう能登」と書かれたヘッドマークを着けています。どうやら「和倉温泉開湯2000年」のヘッドマークを書き換えたもののようです。元は415系電車に付けられていたものが、ここまで使い古されるとは誰が考えたでしょうね。 次に能登鹿島ですが、ご覧のように葉桜になっています。つい一週間前はつ…

続きを読む

また能登へ行ってきました

今日は、また能登へ行ってきました。 今日は親の車で、能登有料・能越道・国道で能登中島・能登鹿島駅へ行き、穴水の市街地を通って此木の方から門前、富来に周り、三明駅跡を見てきました。そして志雄の白虎山公園で桜と列車を絡めて撮影し、帰宅しました。 まずは能登中島です。ご覧のように桜が咲いています。石川県のほぼ全域で桜が満開となっています。 郵便車や恋路号も相変わらず元気?です。 そ…

続きを読む

輪島の被害状況

25日に発生した地震で、輪島市はかなりの被害を受けました。 昨日は輪島へ行って来ました。 まず七尾線で七尾まで行きました。 七尾駅に着くと、1時間ほど待ち時間があったので、待合室で待っていました。すると、ぐらぐらっと余震があり、売店に吊り下げてあった看板が揺れました。変なおっさんが「おお恐ろしい余震来た。とうとう死んでしもうじゃあ」と冗談交じりで言っていましたが、笑い事じゃないでしょお…

続きを読む

能登線―線路の撤去開始

昨日はのと鉄道のお座敷列車引退について取り上げましたが、今日も昨日に引き続いてのと鉄道関連のニュースが入って来ました。今日11月1日から、能登線の線路が本格的に撤去される事になりました。能登線は2005年3月に廃線になって以来、レールは存置されていました。能登線復活の可能性は0に等しいですが、今回の事は非常に残念です。個人的な意見としては、能登線にはDMVを導入するべきだったと思います。 なお…

続きを読む

お座敷列車 廃止―のと鉄道

最近、JR金沢支社のわくわく団らん(サワ座)の廃車が決定したことは知れ渡っていますが、この度のと鉄道のお座敷列車であるNT127型「やすらぎ」号の12月での廃止が決まりました。過去にのと鉄道は3両のお座敷列車を保有していました。しかし、老朽化や路線距離短縮による需要減少により、「やすらぎ」以外のお座敷列車(くつろぎ、やわらぎ)は廃車となりました。残った「やすらぎ」もやはり七尾~穴水間だけでは需要…

続きを読む