そうだ、バスでいこう。~高岡・富山~

今日は、北陸鉄道が推奨するモデルコースで高岡・富山を回ってきました。
海王丸の総帆展帆もあるらしく、松任工場をあきらめてまで行ってきました。
画像
まずは金沢駅から高速高岡線に乗ります。
9:10発の便は加越能鉄道の担当で、先々代のエアロバスというやる気のなさです。大型なのにパンダエアロではなく無理に地元呉羽製の車体を採用したので、中型車みたいな顔のゲテモノ車になっています。
まあ古いバスも悪くはないです。地鉄Gの他の高速バスと同様、内装がかなり凝っています。
画像
乗るときに、「一日冒険パック」をもらいます。ついてくる景品は走るボールペンとバスくーるくんキーホルダーから選べるのですが、前々から欲しかったのでキーホルダーにしました。
画像
座席は半分も埋まらない程度です。一番前の席に座って景色を楽しむことにしました。南町です。

ちなみに武蔵が辻ではJR四国のアンパンマンバスに遭遇。
画像
香林坊です。まだ大和がオープン前なので、ここから乗る人も1人だけです。
画像
兼六園下から旭町を通って鈴見に抜けます。旭町は金大生のアパートがたくさん建ってるまちで、ここに高速バス止まるのか??っていうような小さなバス停です。
金大生?と思われる大学生が一人乗ってきました。
画像
金沢森本ICから北陸道に入ります。ICのぐるぐるが大好きです。
高速に入ってバスが老体に鞭打ってスピードアップです。運転手はかなり運転がうまいです。北鉄の運転手みたいに急ブレーキ急発進はしません。

不動寺PAがキレイになっていました。道路公団時代は小汚い売店とトイレがあるだけのPAだった気がしますが、NEXCOになってからかなりテコ入れがされています。そういえばNEXCO中日本のCMもなかなか好きです。

富山県境くらいで小豆色のレクサスIS-Fが追い抜いていきました。生IS-F見たのは初めてかもしれないです。カッコいいです。シビックより遅い?関係ない。

小矢部IC付近では安田講堂みたいな小学校の前を通過します。メルヘンのまちの趣旨とちょっと違うような気がしますが…
左手にはクロスランドタワーが見えます。
画像
砺波ICで高速を降ります。向こうからは北鉄担当便の金沢行がすれ違います。あっちはセレガRのSMD車で、小松空港線からのお下がりです。加越能のこってりした内装に比べて、北鉄車はさっぱりした内装になっています。6往復をたった2台で回してるんですか…
画像
高岡に到着。降りた瞬間からヒートアイランドだったので、マックでチョコシェイクを注文。
マックを先払いと知らず、勘違いして席に座ってるオバサンがいましたw

氷見線の隔離ホームは今日が最後らしく、明日からは元ホームもどき(変な言い回しですが)に移ることになります。いろいろと思い出のあるホームなので残念です。
画像
高岡からは万葉線です。アイトラム第5編成で、側面に広告が入っていません。
夏休みの休日なので、アイトラムがフル稼働です。アイトラムだけで運用を回しているのは初めて見ました。
米島口の車庫には旧型車が全車おやすみ中。7052・7062は伏木ヤードです。伏木ヤードと万葉線ってレールつながってるんでしたっけ??

放送は立川志の輔なんですが、ダミ声なんで聞き取りづらいです。
画像
川です。

次に続きます→


にほんブログ村 鉄道ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック