焼肉えびす

砺波の焼肉えびすで食中毒が発生して男児が死亡するという事件がありました。


焼肉えびすは近年「100円えびす」をキャッチコピーに低価格戦略で急伸してきた焼肉店で、北陸3県を中心に店舗展開されています。

自分の通っていた高校のそばにも店がありまして、いつでも高校生や親子連れで賑わっていました。まさかそんな店でこのような事件が起こるとは内心とても驚いています。

話によると、前日に余った肉を次の日に持ち越してつかっていたそうです。

食中毒や食品管理をめぐる事件といえばまず10年ほど前のO157事件を思い出しますし、数年前にはミートホープの事件や、船場吉兆の事件がありました。その後食の安全が訴えられたにも関わらず、またこのような事件が起こり、ついに死者が出る惨事になったことはとても複雑な思いです。

船場吉兆の社長の恥も外聞もない会見は記憶に新しいです。マスコミには「食べ残し」ではなく「手付かずのお料理」と言うように要望したというからこれまた呆れます。今回は急伸の怪しいブラック企業が起こした事件ですが、同じような事件はどのような店で起こるかわかりません。マスコミの報道でこれから次々とこういう店が発覚すると思います。

地震の影響でただでさえ経済が冷え込んでいる中外食離れが起これば、外食産業に打撃を与え、多かれ少なかれ景気に悪循環をもたらすと思います。

また深く掘り下げれば、デフレで格安の商品が消費者に好まれる風潮にも問題があると思います。また「えびす」は格安店としてマスコミにも多々取り上げられており、マスコミの報道姿勢というものも問われます。

「子供に生肉を食べさせる親もどうか」という意見はまた別のこととして、本当に安全な食品が食べれる世の中になってほしいと心から思います。自分は高校時代もっぱら他の競合店を利用していたのでたまたま影響はありませんでしたが、本当に身近な事件だけに深く考えさせられます。

焼肉えびすは残念ですがもう廃業しか道はないでしょう。というか仮に営業再開されても行く気にはなれません…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック