松任公開

松任工場の公開に行ってきました。
駆け足での参加でしたが、今年は新車や国鉄色など見どころ満載でした。

画像
まず入り口には、100周年記念号で走っていた、475系A13編成が鎮座。車体がピカピカなので出場待ちと見まがうくらいですが、残念ながら廃車されています。
画像
庫内には、このブログ初登場となる、転落防止装置がついた521系。カッコ悪いなぁ…
画像
おなじみのDD15です。金沢では機関車も地味に古いのが現役です。
画像
今年宙吊りにされるのは521系のようです。まだ開所してすぐだったので、空中浮遊まではしてませんでした。
画像
今年の目玉の一つである、キヤ143系(キヤ143-2)
北陸の古すぎる除雪車の置き換え用に、新車で配属されました。
食パン電車を彷彿とさせるフォルムで、なかなか親近感がわきますww
画像
今年、開閉体験に使われるのはDD15。
こんな非力な機関車が本線で除雪しているのだから、それはそれですごいことですよね!
画像
「越中八尾」の表示を出して止まっているのはキハ47。
おわらのPRも兼ねてるのかな?笑
画像
683系は運転台体験ができます。
画像
415系は「急行」を掲示。
昔はこの車両が遜色急行に使われていましたが、今度はキハ48の特急が誕生するらしく、歴史は繰り返すんだなぁ…と
画像
E7系の風船?です。触ることはできません。
画像
お待ちかねの489系。そろそろ京都の新博物館に持って行かれそうなので、ここの地で見れるのも最後だったりするかもしれません。

それにしても、左側にちょこんと映り込んでるJ-WESTカードの広告がいかにもJR西らしいですよね…
就活で西の説明会に参加したときも、資料と一緒にちゃっかりJ-WESTの申込書渡されましたし(笑)
画像
みんな大好きキハ52-156。
糸魚川の新駅でモニュメントにされるようですが、まだ塗り直してないところを見ると、現状渡しなのでしょう。
画像
681系の流線型はいつ見てもカッコいいです。
が、側面はボロボロ…
北陸と関東の距離を縮めた功労者であることには間違いないのですが。
画像
見にくい(というか見えない)ですが、行先表示は「はくたか 松任」になっていました。これは意味深。
画像
とまぁささっと回りまして、今度は北口方面へ。
画像
あぁ、、なんまんだぶなんまんだぶ、、、
画像
急行つやまで活躍していたキハ48の姿が確認できます。
能登方面の新しい観光特急に魔改造され生まれ変わるため、入場を待っています。
これは楽しみなトピックですね。

そして、いろは三連の撮影のため、能登へ移動→

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック