ちてつ電車フェス前夜祭(後編)

19_0104.JPG14760形の40周年記念と14722号引退のプレイベント後編です。
前回は電鉄富山から上滝線経由、有峰口まで行き、千垣鉄橋で撮影会のあとに寺田経由で稲荷町まで戻ってくるところまでご紹介。

稲荷町に到着後、イベント参加者は"秘密の場所"と称されるところに案内されました。

その秘密の場所というのが・・・

アピアの屋上です!!

表題の写真のとおり、稲荷町駅に隣接するショッピングセンター、アピアの屋上から稲荷町車庫の全景を眺めるというものでした。
屋上へは外の非常階段を使って上っていきました。
やはり周りに高い建物がないため、車庫の全景はもちろん、遠くの山々まで見えます。好天に恵まれて本当によかったと思います。
今回はアピアの全面協力を得て実現したそうで、当然ながら普段は立ち入ることのできない箇所とのことです。
「立ち入りたい方はアピアに就職してください」とのことでした(笑)

19_0098.JPGこれから17480形に改造される東急8590系も「急行 渋谷」の行先表示で停車中。こちらは原型の田園都市線仕様のため、先に譲受している80形とは少し雰囲気が違います。
やはりスカートがあった方が足元が引き締まってカッコいいと思います。

19_0106.JPGなお逆側は清澄白河行を表示(笑)
押上でも中央林間でもなく清澄白河という遊び心・・・

19_0105.JPGアピアの屋上から降りまして稲荷町の駅に行くと、先日引退した10020形(稲荷町の主)が亡骸となって置かれていました・・・
貴重な初期の日車ロマンスカーだけに、この車両は残してほしかった。

19_0107.JPG15時40分頃に再度稲荷町駅へ行くと、今回の目玉である22号と60形の4連組成が終わっていました。
そして電鉄富山に向け出発。


15時57分、イベント参加者は稲荷町より、上の4連に乗車。
皆さんにも雰囲気を味わっていただくため、22号の走行音をアップしました(笑)

19_0109.JPG列車は15分ほどで上市に到着。ここから再度撮影会スタート。

19_0116.JPG22号には「惜別14722号」のHMが装着されました。日が短くなり、16時半頃でもこのように西日が照り返しています。

19_0114.JPG上市は16時35分に出発。再度電鉄富山に向け折り返します。
車内の様子もご紹介。
19_0120.JPG19_0121.JPG19_0122.JPG19_0123.JPG19_0124.JPG19_0125.JPG19_0126.JPG
昭和30年代のレトロな雰囲気が随所に残っています。

19_0127.JPG16時51分に電鉄富山到着。ここからは横の16010形(アルプスエキスプレス)にバトンタッチです。

19_0132.JPG参加者には弁当とチューハイが配られます。
この弁当は芝寿司の「北陸浪漫」という弁当。治部煮や手まり寿司など北陸の食材・料理が詰まった弁当でとても美味しかったです。
普通に買ったら高そう。
お酒は宇奈月ビールか銀盤がよかったなぁ

19_0129.JPG19_0133.JPG19_0131.JPGアルプスエキスプレスは、こじゃれた居酒屋の風情。
今回のイベントは参加者(おっさん達)の心だけでなく、胃も鷲づかみにしていました(笑)

19_0135.JPG西魚津に到着。私は外で一服タイムだったのですが、この後上部の通過標識灯が点灯していた模様。

19_0140.JPG魚津水族館のレトロな看板も健在。たまに電車で行ってみると楽しそうですね。
西魚津からの復路ではじゃんけん大会も開催。運転士の行路表がもらえるチャンスだったのですが、2回とも1回戦負けしてしまいました(笑)

19_0143.JPGツアーは無事に電鉄富山に到着。ほろよい気分で1日通して楽しいツアー、イベントでした。
関係者の皆様、ありがとうございました。

前編はこちら

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント